敏感肌に効果的

無添加の化粧品が人気

刺激に弱い肌は敏感肌の可能性がありますが、敏感肌をケアする為には化粧品選びにも気を配る事が大切です。そして敏感肌でも低刺激で利用できると言われているのが無添加の化粧品です。 多くの化粧品には防腐剤や香料、着色料などが配合されており、それらの成分は肌に刺激になる可能性があると言われています。無添加の化粧品はそのような刺激性のある成分を排除していますので低刺激で利用できます。 そして無添加の化粧品は安全性が高いという認識が広まり、無添加の化粧品を選ぶ方も多くなっているようです。 また、新発売される化粧品の多くは無添加を謳っており、無添加なのが当然のような流れになっていますし、今後も無添加化粧品が増加すると言えます。

無添加だからと安心しない

安心して利用できるというイメージのある無添加化粧品ですが、ただ無添加と表示されているからと安心しない方が良いと言えます。 なぜなら無添加というのはアレルギーなどの原因になる旧表示指定成分が配合されていないだけの可能性があるからです。つまり旧表示指定成分が配合されていない事を無添加と表現しており、別の刺激成分が入っていない事を示している訳ではないケースもあります。その為、無添加と表示されていても敏感肌にとって刺激になる成分が含まれている可能性も十分にあるのです。 そのような化粧品を回避する為には、消費者自身がきちんと知識を身に付ける必要があります。表示を安易に信頼するようでは化粧品選びに失敗する可能性がありますので、配合成分をよく確認するクセを付けた方が良いでしょう。